安全に住める賃貸住宅とは?この2点に注目して選ぼう

火事が起きた時の避難経路が複数ある住宅を選ぶ

賃貸住宅を選ぶ時には、安全性を重視する事が必要です。例えば、賃貸住宅で注意しなければいけないのが火事ですよね。自分が火の取り扱いに注意して火事が起きるリスクを下げていても、他の住民の不注意によって火事が起きてしまう事があります。同じマンションに住んでいる場合は、他の部屋の火事があなたの部屋にも被害を与えることになるので万が一の事を考えて避難する必要がありますよね。もし、避難経路が1つしかない場合は、避難するのが遅れてしまう事があります。

また、マンションに多くの人が住んでいる場合は、皆がパニック状態になりやすく避難経路が混雑します。しかし、避難経路が複数あれば混雑するリスクがなくなりスムーズに全員が避難する事ができるので避難経路が複数ある賃貸住宅を選ぶようにしましょう。

耐震強度が強い賃貸住宅を選ぶ

日本は、時々大きな地震が起きます。仮に大きな地震が起きてしまった場合は、建物が倒壊したりして被害が大きくなる事があるので、なるべく倒壊しないような丈夫な賃貸住宅に住むことが重要です。耐震強度が高く、さらに地震対策をしているマンションだと大きな地震が起きても倒壊するリスクが低く、多少安心する事ができますよね。また、小規模や中規模程度の地震だと被害がほとんど出ない可能性もあり、耐震強度が高い賃貸住宅を選ぶ事は安心して住むために欠かす事ができない条件でしょう。

耐震強度や地震にどれだけ強い構造になっているのかは、賃貸住宅管理会社に問い合わせると分かります。

札幌東区は札幌市の中でも2番目に大きな区で、人口も多いです。札幌東区の賃貸は、最寄駅に急行列車も停まるので、通勤にも便利ですし、比較的古い家が多いので賃料も安めです。