賃貸住宅はどう選ぶ?評価が高い設備をチェック

オール電化住宅なら毎月の光熱費が安い

賃貸住宅へ住む際には、家賃だけでなく共益費や光熱費といった毎月必ずかかる費用が複数あります。家賃の高低だけで部屋選びを行ってしまうと、光熱費の高さに驚いてしまいかねません。そこで、高いと有名なプロパンガスよりもオール電化住宅を最初から選んでおけば、ガスの基本料金を払う必要がないだけでなく光熱費そのものも低く抑えられます。家賃にさほど違いがなければ、オール電化住宅を優先的に選んでランニングコストの安さを目指しましょう。

断熱性能が高い部屋ほど住みやすい

冬場の暖房費だけでなく夏場のエアコン使用に伴う電気代は、部屋の広さが全く同じであっても家ごとに大きく変わってしまうポイントです。なぜなら、賃貸住宅の場合には同じ部屋の広さであっても断熱性能を自分で選べないので、住んだ部屋の断熱性能に光熱費が左右されてしまうからです。ペアガラスや建物の構造といった部分から、断熱性能の高さで賃貸物件選びを行えば年間に支払うコストを安く済ませることができます。

インターネット環境の有無を確認しよう

PCやスマートフォンの利用が一般的となった現代では、賃貸物件選びを行う際にブロードバンド環境が賃貸物件選びに大きく影響しています。最初から無線LAN環境が整備されている物件ならば、入居してすぐにインターネットを使用可能だからこそ引越しに際してインターネット回線申し込みそのものが不要となる手軽さが嬉しいです。また、個別に契約が必要な場合であっても、既に光ファイバーが引き込み済みならばすぐに契約可能と考えられます。

江別の賃貸の家賃相場は、ワンルームや1Kの広さの部屋だと、二万円から三万円台となっています。1LDKの広さでも四万円台です。