こだわりの条件から賃貸物件を選ぶ!オール電化や駅近物件に関すること

オール電化のメリットとは!?

近年ではオール電化のマンションも増えています。オール電化の製品といえばIHクッキングヒーターがシンボルとなる存在です。火を使わないので火災の心配が要らないのと、二酸化炭素が発生することもないので、室内の空気が汚れないところも良いポイント。ガスコンロは凸凹しているので、お掃除しにくいですし、お手入れしていても焦げ付きは取れないこともあり、見た目の劣化も早いです。一方のIHクッキングヒーターは、平らの板状なので、お手入れも楽で簡単。綺麗な状態が長持ちするところも良いですね。オール電化のマンションのお風呂は電気でお湯を沸かします。光熱費は都市ガスと比べておよそ半額ほどで、コストパフォーマンスが高いというメリットがあります。

駅近物件の良い面と悪い面

賃貸物件を選ぶときには、最寄り駅から近いかどうかも重要ポイントだという人もいるでしょう。通勤や通学で電車の交通機関を使うなら、最寄り駅から近い方が良いですし、休日のお出かけにも利便性が良いですよね。駅周辺には飲食店や商店街、買い物施設が充実しているケースも多いので暮らしやすいと感じる人もいるでしょう。

そういった駅近物件にはメリットが様々ありますが、デメリットもあるので注意しておくことが必要です。立地の利便性が良いところや、徒歩15以内の駅から近い場所ほど家賃は高くなる傾向があります。ターミナル駅であったり、急行が止まる駅であれば人気が高い立地となるため、さらに家賃は上昇します。また、駅周辺は飲食や買い物施設が多くて便利ですが、飲み屋街があることも。夜になると酔っ払いがうろついたりすることもあるため、治安面も意識して物件を選びましょう。

千歳の賃貸物件の周辺は、電車や高速道路といった様々な交通網が整備されています。なかでも空港は、道内の玄関口として機能を有し、国際線も乗り入れることから、遠方からのアクセスも有用です。