注文住宅はどこに拘る?収納と動線の大切さ

収納が少なく失敗するケースも

注文住宅は自由設計ができるのが大きな魅力です。しかし設計に後悔をするケースもあり、失敗例として少なくないのが、収納不足という問題です。実際に暮らしてみたら荷物が溢れてしまい、もっと収納を増やせば良かったと悔やむオーナーもいます。収納不足に陥ると、生活空間が荷物によって狭まってしまいますし、インテリアの景観も損ねかねません。設計段階では十分な収納力だと思っても、家族が増えたり両親世帯との同居をしたりなどのタイミングで、不足を実感することもあります。先を見据えた考え方も必要ですので、暮らしをイメージしながらゆとりのある設計を考えるようにしましょう。

生活動線の質で暮らしが左右される

動線というのは、生活の中で人がよく移動するラインのことですが、設計をする際にはこの動線について、十分に考えを巡らせてみることが大切です。例えば、料理をしながら洗濯物をする場合に、動線が悪くスムーズに移動ができないと、行ったり来たりだけで手間も時間も掛かってしまいますよね。それが日々のこととなるとストレスの大きな住宅となるかもしれません。逆に、動線がよく考えられた設計なら、アクセスも容易で家事もぐっと楽になるはずです。

注文住宅を設計する際には、動線から考えると上手くいきやすいです。間取りありきで考えてしまうと、人が住まいに合わせる生活を強いられますが、動線ありきで決めていけば、住まいが人に合わせた間取りを作れますので、生活の質が高く暮らしやすいマイホームとなってくれるでしょう。

千葉の注文住宅を検討する際は、格安で請け負ってくれる工務店があるので探してみましょう。品質や施工に対しては妥協せず、不要な物は最初から作らないというような相談が出来る工務店もあります。