見えないところだけど住宅工法はとても大事!ハウスメーカーに多い4つの工法

ハウスメーカーによくある4つの工法

展示場で金額やデザインを重視するあまり工法を見落としていませんか?工法によって間取りの規制や住みやすさが変わります。自分に合った住宅を建てるためには、工法は土台となる部分でとても大切です。ハウスメーカーでよくある工法、在来軸組み工法、2×4工法、木質パネル工法、鉄骨構造、この4つのメリットデメリットをお伝えしますので、参考にして下さい。

敷地にあわせた住宅が建てられる在来軸組み工法

在来軸組み工法は柱や梁、筋交いなどの軸組みで住宅を支える日本伝統の工法です。現場で職人が一から造り上げるため、工期が長く、職人の腕によって品質に差がでるのがデメリットです。しかし間取りの自由度は高く、敷地にあわせた家造りが可能です。また、開口部を取るのに制約が少ないため、増改築に適しています。

地震に強い2×4工法と木質パネル工法

2×4工法は木材に2×4インチの板を組み合わせてパネルを作り、それを現場で組み合わせます。規格品を使うために職人による品質の差は少ないです。木質パネル工法は工場で床や壁などのパネルを生産します。工場での生産が多いために工期が短く、品質の差はほとんどありません。2×4工法も木質パネル工法も面で建物を支えるために地震に強く、機密性や断熱性に優れています。しかしその反面、支える面に開口部をとるには制約があり、増改築がしにくいのがデメリットです。

大空間を作りやすい鉄骨構造

柱や梁を鉄骨で作った構造で、鉄骨軸組み工法や鉄骨ユニット工法などがあります。地震に強く、強度があるために大空間を作りやすいです。鉄骨ユニット工法では、規格のサイズがあるために変形した敷地への対応が難しいのがデメリットです。建築工法によるメリットやデメリットがあります。建てる場所や増改築のことも考えて建築工法を選びましょう。

愛知の注文住宅では、床暖房を設備として希望する方が増えています。その理由は、寒い冬の時期に下半身をじんわりと温めることができ快適に過ごせるからです。