賃貸住宅のメリットと家賃に関する選び方のポイント!

その時々の自分の収入に合う賃貸住宅を選べる

賃貸住宅は、住宅ローンに縛られることがないという大きなメリットがあります。一戸建てやマンションを購入すると何千万円という多額のローンを抱えて暮らすことになります。それを何十年も支払い続けることになりますから、それだけの覚悟は必要です。難なく返せればいいですが、デフレの時代にいつなんどき不景気の煽りを受けてリストラされるかわかりませんし、大黒柱の主がこれから病気やケガなど一切しないという保証はありません。住宅ローン生活の中で資金計画が崩れることもあるのです。

その点、賃貸住宅であれば、お金を借りて家賃の支払いをするのではなく、自分の収入で払うことができます。また、収入が減ったとしても、身の丈に合う賃貸住宅へ住み替えすることもできるため、負担を軽減できます。

家賃を決める要素と予算額の決め方

一戸建てを買って長い住宅ローンを組まなくても、賃貸住宅は自分の毎月の収入から家賃を払えるので気を楽にして暮らせます。しかし、家賃が決まる要素を知らなかったり、あらかじめ予算額も未定であれば、家賃が高いところに転居してしまって家計が苦しくなることもあるので注意しましょう。家賃が決まる基準は色々ありますが、人気物件ほど家賃は高くなります。たとえば、都心に近いところや、立地・交通の便が良い場所ほど家賃は高めです。また、最寄り駅から近かったり、建物の構造がアパートではなくマンションである方が家賃額は上がります。

その他にも専有面積が広くて室内の設備が整っている部屋や、建物が新築に近いほど毎月の費用は高まる傾向があります。家賃の予算額は、収入の3分の1を目安に決定するのが一般的。家計に負担にならないように、予算に見合った部屋選びをしましょう。

北見の賃貸は様々な物件から選べる環境です。その理由としては、空き家が多い地域で借り手市場となっているからです。